名古屋式結婚と結婚指輪

名古屋の結婚と聞くと、娘の嫁入り道具はとてつもない量を用意する、それをご近所にも披露する、お菓子をばらまくなどなどが全国的に有名な話ですが、実際は?というと挙式や結納結婚指輪など、平均的な結婚費用は全国平均と比較しても大差はありません。

ただ、地域や家柄などによっては、伝統を重んじ名古屋式結婚を順守しているようですが、よく世間でいわれるような「娘3人もてば身上つぶれる」という決まり文句は過去の遺物といえるでしょう。

ですから、名古屋の方と結婚をお考えの場合でも特に心配することなく、安心して結婚の準備をすすめましょう。

結納は昔は仲人が両家を訪問し、結納品や結納金を交わす本格的な結納が一般的でしたが、最近では仲人をたてる結納は、全体の約2割と少数派で、両家の顔合わせを兼ねた食事会のみの結納が主流となっています。

披露宴は、会場の規模などによって異なりますが、披露宴の平均費用は300万円前後で、出席者は70名程度が平均的のようです。

結婚式は教会やホテル、結婚式場のチャペルでウェディングドレスを着て挙げるキリスト教式が一番人気ですが、和式を希望する方も増えつつあり、どちらの場合でも結婚指輪(http://www.mokumeganeya.com/)の交換は行われるのが通常です。